くらし情報『小さい頃は双子扱い? 知られざる年子あるある』

2019年9月11日 11:00

小さい頃は双子扱い? 知られざる年子あるある

小さい頃は双子扱い? 知られざる年子あるある


数え歳で1つ違いの、年子姉妹兄弟。双子ではなく姉妹や兄弟なはずなのに、もっと年の離れた姉妹や兄弟とは違うところがいっぱいあるよう。今回はそんな、知られざる年子あるあるを調査してみました。

知られざる年子あるある

妹や弟から名前で呼ばれる
小さい頃は双子扱い? 知られざる年子あるある


「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と呼ばれず、名前で呼ばれること。年齢は一年近く離れているものの、まだ物心付く前に妹や弟ができてしまったので、お互いに「年上」「年下」という感覚はあまりないまま成長。
逆に、一歳年下の妹から「お姉ちゃん」と呼ばれたりするほうがなんだか変な感じがするのです。

たった一歳しか変わらないのにお下がりばかりたった一歳しか変わらないけれど、妹・弟にはお下がりばかり回ってくること。子どもの頃の身長体重の成長はかなり違いがあることや、学年が一つ違うだけで必要になるものが変わってくるので、たった一歳の違いとはいえ、年下はお下がりばかり与えられるのです。

関係性がはっきり分かれる超仲良しになるか、超仲が悪いかはっきり分かれること。同性同士だと割と超仲良しになることも多く、異性同士だと仲が悪くなることも多いよう。
年齢がかなり近いだけに、大喧嘩に発展することもしょっちゅうで、お母さんの疲労感は年の離れた姉妹兄弟の数十倍なんだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.