くらし情報『被害妄想? 自分に自信がなさすぎて、友達に思ってしまうこと』

2019年10月9日 12:28

被害妄想? 自分に自信がなさすぎて、友達に思ってしまうこと

被害妄想? 自分に自信がなさすぎて、友達に思ってしまうこと


小さなことで大笑いし、思ったことを言い合える友達関係は理想ですよね。しかし現実は相手の顔色を伺ってしまい、なかなか素の自分を見せられないもの。中には男性と接するよりも、同性同士のほうが変に気を使ってしまう人もいるのでは?
そこで今回は「自分に自信がなさすぎて、友達に思ってしまうこと」についてご紹介します。

考えすぎ?友達に思ってしまうこと

1. 「本当は遊びたくないんだろうな」
被害妄想? 自分に自信がなさすぎて、友達に思ってしまうこと


「勇気を出して友達を遊びに誘ったらOKしてもらえた。だけど今度は『本当は私なんかと遊びたくないんじゃないかな……』と思ってしまい、逆に友達に申し訳なくなってしまった」(20代/接客)

▽ お互いに仕事があって忙しいからこそ「わざわざ時間を作ってもらって申し訳ない」という気持ちになるのもわかります。でも本当に会いたくなかったら、お誘いには乗らないはず!むしろあなたから久しぶりに会おうと言われて、うれしかったかもしれませんよ。あまりネガティブにならず、「当日は何しようかな」と前向きに考えてみましょう。

2. 「ここはどう返すのが正解なんだろう…」「友達と話をしているとき、相手がどんな返事を望んでいるのか気になっちゃう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.