くらし情報『『おひとりさま専用Walker』編集者が思う“ひとり時間”について』

2019年12月3日 12:28

『おひとりさま専用Walker』編集者が思う“ひとり時間”について

目次

・ひとり時間を大事にしたら、人との時間もさらに素敵なものに
・ひとり外食に挑戦したい人は「専門店」で慣れるのがおすすめ
・『おひとりさま専用Walker』に込めた思い
『おひとりさま専用Walker』編集者が思う“ひとり時間”について


2017年に発売され、ネット上で瞬く間に話題となったムック本『おひとりさま専用Walker』(KADOKAWA)。
デートや家族とのおでかけ情報が満載のおでかけ情報誌『東京ウォーカー』がおひとりさま向けムックを発売したことは、世間で驚きと関心を集めました。

『おひとりさま専用Walker』編集者が思う“ひとり時間”について


『おひとりさま専用Walker』を企画したのは、『東京ウォーカー』編集部の中村茉依さん。3年前、同編集部へ異動となり、より多忙になったのを機に、ひとりで過ごす時間が増えたといいます。

「友人や恋人と過ごす時間も好きですが、雑誌編集者という職業柄、学生時代からの友人と休みが合いづらくなったんです。先の予定も立てづらくなってしまって。
そのぶん、ひとりで楽しめる何かを見つけたいと思い、ひとり時間の過ごし方を模索するようになりました」

そんな生活が後々、『おひとりさま専用Walker』発案に結びつき、おひとりさま専用情報誌としてヒットを飛ばすことに。誰かと過ごす時間も大事にしていますが「ひとり上手」でもある中村さんに、ひとり時間の過ごし方を聞きました。

ひとり時間を大事にしたら、人との時間もさらに素敵なものに

以前は誰かと過ごすことが多かった中村さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.