くらし情報『私が一番不幸! メンタルがボロボロのときあるある4選』

2020年1月22日 11:28

私が一番不幸! メンタルがボロボロのときあるある4選

目次

・ちょっとしたことで号泣
・自宅の足の踏み場がなくなる
・何もしたくなくなる
・ささいなことでも不幸に思える
私が一番不幸! メンタルがボロボロのときあるある4選


いいことばかりじゃないのが人生!生きていたら落ち込むこともあります。「なんで私ばかり損するの?」と思ったり「自分はこの会社のなかで一番運が悪いんじゃないか」なんて落ち込んだり「もう日本で一番不幸!」なんて思い込んでしまったりすることもありますよね。
ここでは“メンタルが削られているときにやってしまいがちなこと”を聞いてみました。

ちょっとしたことで号泣

「育児に疲れ果てていたのに、夫にもっとちゃんと家事をやれと言われてメンタルがボロボロに……。そんなとき、子どもと一緒に観ていたアニメのオープニングの歌詞が感動的で泣いた。そんな私を見て3歳の息子がよしよし、ってハグしてくれてまた泣いた」(30代/パート)

▽ 普段なら泣かないようなことでも、メンタルが弱っているときは泣けてしまうという人が多いようです。子ども向けのアニメソングで涙が出たり、動物もののドキュメンタリーを見て号泣してしまうのだとか。あとから考えると「なんであんなことで泣いたんだろう」と不思議に思うことも。

自宅の足の踏み場がなくなる

「落ち込んでいるときは、もう何もやる気がなくなる。脱いだ服を洗濯機に入れるのも、買ってきたお惣菜のゴミを捨てるのも面倒くさくなって、部屋がかなり荒れますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.