くらし情報『節約のつもりが! 女性陣が「私ってケチだなぁ…」と思う瞬間4選』

2020年2月26日 11:28

節約のつもりが! 女性陣が「私ってケチだなぁ…」と思う瞬間4選

目次

・1. おごりを「ラッキー」と思うとき
・2. 何としても最後まで使い切るとき
・3. 底値のサイトを探しているとき
・4. 基本的に「高い」と思うとき
節約のつもりが! 女性陣が「私ってケチだなぁ…」と思う瞬間4選


使っても使ってもお金が減らない……なんて憧れますよね。ですが、現実はそうはいきません。お金は使えば減っていくもの、だからこそ日々節約を心掛けている人も多いのでは?
でも、節約とケチは紙一重。そのため、ふとした瞬間に「あれ、もしかして私ってケチかも?」なんて思うことも。では、それって一体どんなときなのでしょうか。

1. おごりを「ラッキー」と思うとき

節約のつもりが! 女性陣が「私ってケチだなぁ…」と思う瞬間4選


・「ご飯をおごってもらえたときに、申し訳ないより先に『ラッキー!』と思ってしまうこと。とくに給料日前は本当にありがたいです」(20代/接客)

・「ショッピングデートで、たまに彼氏が『欲しいなら買ってあげるよ』と服やコスメを買ってくれる。『え~、悪いよ』と言いながら、内心はラッキーと思ってる」(20代/IT)

▽ 自分の物なのですから、自分で払って当たり前。それはわかっているのですが、やはりおごってもらえると助かるもの。ちょっぴり得した気分になります。
それと同時に「あれ?もしかして私ってケチ?」と我に返ることも。1回おごってもらったからといって、がめつくなることなく謙虚な姿勢が大事なのかも。

2. 何としても最後まで使い切るとき

・「もう限界であろう歯磨き粉や調味料類を、思いっきり絞って使おうとしているとき。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.