くらし情報『女友達は永遠ではない? 女の友情が終わってしまったキッカケ4つ』

2020年3月4日 11:28

女友達は永遠ではない? 女の友情が終わってしまったキッカケ4つ

目次

・1. 元カレと付き合い始めた
・2. お金を貸してほしいと言われた
・3. 結婚or出産
・4. 連絡先が変わっていた
・まとめ
女友達は永遠ではない? 女の友情が終わってしまったキッカケ4つ


どれだけ仲のいい女友達であったとしても、ちょっとしたキッカケで友情が終わってしまうことがあります。それに、友達は彼氏と違って「別れよう」などという一言を伝える必要もないため、終わらせようと思えば案外あっさりと終わってしまう、もろい関係でもあるんですよね。
ずっと仲よくいたいと思ってはいても、距離を置きたくなることもあるものです。そこで今回は、「女の友情が終わってしまったキッカケ」をご紹介したいと思います。

1. 元カレと付き合い始めた

「女友達の新しい彼氏が私の元カレだった。略奪でもないし、私にも新しい彼氏がいるから問題はないけど、なんとなく連絡を取りづらくなって疎遠になった」(20代/営業事務)

▽ たとえ略奪ではなかったとしても、元カレと付き合っている女友達とは少し気まずくなりますよね。恋愛の話もしづらいので自然と距離を置いてしまうのも仕方ありません。

2. お金を貸してほしいと言われた

「久しぶりに飲みに行こう、という連絡がきたので飲みに行ったら、別れ際に『お金、貸してほしいんだけど』と言われた。引っ越しのお金が足りないと言っていたけど、本当かどうか……。どちらにしても二度と会わない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.