くらし情報『作っているうちにイライラ…!? 不器用女子あるある5選』

2020年7月4日 11:28

作っているうちにイライラ…!? 不器用女子あるある5選

目次

・1. 想像と違うものができあがる
・2. お菓子作りが苦手
・3. 家庭科の授業が恐ろしい
・4. 何でも既存品に頼る
・5. 保護シールが貼れない
作っているうちにイライラ…!? 不器用女子あるある5選


人には向き不向きがあるもの。特に手の器用さって、センスが問われますよね。何時間かけてもうまくいかない人もいれば、ものの数十分で手際よく作れちゃう人もいます。コツを教えてもらっても思い通りにいかず、「世の中不公平だな」なんて思ってしまったり……。
そこで今回は「不器用女子あるある」についてご紹介します。

1. 想像と違うものができあがる

・「昔、彼氏にマフラーを編んだのですが、謎の毛玉ができあがってすぐにやめたことがあります」(30代/福祉)

・「ウサギのマスコットが作れるフェルトキットを購入。『初心者でも簡単!』と書いてあったので期待したのですが、得体の知れない生き物が完成。母に見せたら大爆笑されました」(20代/IT)

▽ 頭の中の理想を形にするのって難しいですよね。思い描いていたものとは全く違うものができあがり、我ながらビックリします。「こんなものに何時間も費やしていたなんて……」とふと我に返るのです。

2. お菓子作りが苦手

・「ご飯ものはまだ調理できるんだけど、お菓子作りが壊滅的に苦手。焦げたり生地がうまく膨らまなかったりと、何かしら失敗します」(20代/住宅)

▽ 普段の食事と違い、お菓子作りってセンスが問われますよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.