くらし情報『「言っても無駄だな」と思いながらも言い続けていること』

2020年7月11日 11:28

「言っても無駄だな」と思いながらも言い続けていること

目次

・「煙草やめて」
・「トイレのふた閉めて」
・「元カノのSNSをチェックしないで」
・「ダイエットは明日から」
「言っても無駄だな」と思いながらも言い続けていること


「この人には言っても無駄だな」と思ってしまった瞬間、誰もが一度はあるのではないでしょうか。とはいえ、無駄だとわかっていても言いたいときや、言わなければならないとき、言わないと気が済まないときもあります。
無駄なことは言いたくないというよりも、無駄だとわかっていても言い続けてしまうこともあるのです。ここではそんな「言っても無駄だ」とわかっていても言い続けていることを聞いてみました。

「煙草やめて」

「出会ったときから煙草を吸っていた彼。付き合うときの条件に禁煙と伝えていて、その時期は禁煙していたのだけど、付き合ってからまた煙草を再開。
同じようなことを何度も繰り返していて、付き合って10年がたつ。もう言っても無駄だと思うけど、私は『煙草が嫌いだから煙草やめて』って言い続けている」(30代/公務員)

▽ 煙草をやめてほしくて、それを伝えていてもなかなかなおらない彼に、無駄だと思いながらも言い続けているそうです。やめてもらえなくても「自分は煙草が好きではない」と伝え続けるのは大事なこと。無駄でも言わなければならないことってありますよね。

「トイレのふた閉めて」

「同棲中の彼氏にトイレのふたを閉めてって言うのを諦めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.