くらし情報『「今を疑う」のも社長の仕事【新米社長日記 #3】』

2020年7月16日 12:28

「今を疑う」のも社長の仕事【新米社長日記 #3】

私も2019年秋から会社に参画してオフラインでの全体会議を体験し、「毎週やる必要はないけれど、これくらいの頻度で集まるのはちょうどいいのでは」と感じていました。
しかし、3月後半から5月末までこの会議がオンラインへと置き換わる中で、「わざわざ集まらなくても、オンラインでOKではないか」と思うようになっていたのです。

社内会議で顔を出す意味ってある?

オンラインでの全体会議は当初「Zoom」を使っていました。全員が顔を見せるビデオ通話を実施。それに慣れてきた頃、ひとりのメンバーからの提案で「Discord」というゲーム好きな人がよく使うというコミュニケーションツールを使うようになりました。Discordでは音声だけで、顔は出しません。
4月に某ソフトウェア開発企業のリモートワーク事例を取材したとき、「社内での会議は顔出しナシ。顔を見なくてもコミュニケーションが成り立つから」という話を聞きました。お客様をはじめとする外部との会議では、最初の挨拶のときだけ顔を見せて、その後はビデオをオフにして画面に資料を投影しながら話を進めるそうです。顔出しをしたまま会議を進めるよりもデータ通信量が小さくなり、音質や通信速度がよくなるメリットがあるといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.