くらし情報『女として終わってる!? 「女子力低っ!」と自分を突っ込みたくなる瞬間』

2020年10月29日 17:28

女として終わってる!? 「女子力低っ!」と自分を突っ込みたくなる瞬間

目次

・1. 同じ服をずっと着ている
・2. 1人だけコンビニ弁当
・3. バッグが小さい
・4. 下着は上下バラバラで購入
・まとめ
女として終わってる!? 「女子力低っ!」と自分を突っ込みたくなる瞬間


男子にモテたい!彼氏が欲しい!そうは思っていても、ふと自分の日々の言動を思い返してみると、あまりの女子力の低さに「そりゃ彼氏いないわ……」と嘆きたくなる瞬間がありませんか?
女子力の高いキラキラ女子になりたいと思う気持ちはあったとしても、「彼氏は欲しいけど、面倒なことはしたくない……」というのが本音だったりするもの。
そこで今回は、「『女子力低っ!』と自分を突っ込みたくなる瞬間」を女子たちに聞いてみました。

1. 同じ服をずっと着ている

「夏服から秋服に衣替えして初めての出勤日。後輩に『先輩がその服を着るの、もう何年目ですかね?』と言われ、新しい服を全然買っていないことに気がついた」(20代/営業事務)

▽ 子どものように走り回ったりもしないのでさほど服が汚れることもないですし、はやりが関係ないデザインの服だと何年も着てしまいますよね。ただ、同じ服ばかり着ていると恋愛運が下がってしまうので要注意!

2. 1人だけコンビニ弁当

「ランチはいつも同僚5人と一緒に食べているのですが、私以外の子たちは全員手作り弁当を持参しています。『昨日の夜ご飯の残り物を詰めているだけだよ~』と謙遜しているけど、夜も昼もずっとコンビニ弁当を食べている私には詰めるものがない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.