くらし情報『友達のノロケ話に疲れたときの「うまい相槌の打ち方」4選』

2020年12月4日 11:28

友達のノロケ話に疲れたときの「うまい相槌の打ち方」4選

目次

・愚痴に見せかけたノロケ話は疲れる
・ノロケ話を上手に聞き流す方法とは?
・たまには適度に気を抜くことも大切
友達のノロケ話に疲れたときの「うまい相槌の打ち方」4選


女子会の定番トークといえば、やっぱり恋愛についてのこと!片思い中の心境、付き合い始めたばかりの彼との話、そろそろ結婚を意識してきたことを打ち明けるなど、恋愛トークを避けて女子会は成立しないといっても過言ではありません。友達のノロケ話を聞くのは楽しいものですよね。
しかし、いくらそうはいっても、延々と続く一方的なノロケ話にはうんざりしてしまうことも。

愚痴に見せかけたノロケ話は疲れる

最初のうちは「もっと話してよ〜!」なんて言いながら楽しく聞いている友達のノロケ話。でも、それも長時間となればだんだんとしんどさが増していきます。ましてや、「まったく、彼ったら全然大好きって言ってくれないタイプなの。どう思う!?ひどいと思わない?別れたほうがいいのかなぁ」なんて、愚痴や相談に見せかけたノロケを聞かされ続けるなんて楽しくもなんともありません。
しかし、かといって「あぁ〜、まあ好きにすれば」なんて答えようものなら「ちゃんと聞いている?」とか「真剣に相談に乗ってくれないなんてひどい」なんて言われかねません。また、無下にするのは少々大人気ない気もしますし……。
それなら、適当に相槌を打つというのはどうでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.