くらし情報『#保育園に入りたい を本気で語ろう2018〜みんなが笑顔で子育てできる社会にするために〜イベントレポート(4)』

2018年3月26日 12:01

#保育園に入りたい を本気で語ろう2018〜みんなが笑顔で子育てできる社会にするために〜イベントレポート(4)

2018年2月26日衆議院第一議員会館で行われた「#保育園に入りたい を本気で語ろう2018~みんなが笑顔で子育てできる社会にするために~」のようすを連載でレポートしています。今回が最終回です。
イベントの最後に 「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」の副代表Rさん(男性)より「3つのお願い」としてあいさつがありました。

レポート1,2,3

ひとつ目のお願い:子育ての主語を「ママ」だけにしないで

目次

・ひとつ目のお願い:子育ての主語を「ママ」だけにしないで
・ふたつ目のお願い:Nothing about us without us
・みっつ目のお願い…関心を持ち続けていて欲しい
・担当ライターより
#保育園に入りたい を本気で語ろう2018〜みんなが笑顔で子育てできる社会にするために〜イベントレポート(4)

3つのお願いのひとつ目はおもにメディアに対して、子育ての主語をママだけにしないで欲しいというお願いでした。パパも、共働きも、専業主婦主夫も、独身も、祖父母も。さまざまな人が子育てに関わり社会背対で子育てをするためには、子育ての主語を「ママ」だけにしないことが重要です。
副代表さん(男性)は昨年の同イベントが報道されたときの記事を例にとって「母親ら」の「ら」ですか、私は」と笑いを取っていましたが、誰もが意識したい問題です。

ふたつ目のお願い:Nothing about us without us

#保育園に入りたい を本気で語ろう2018〜みんなが笑顔で子育てできる社会にするために〜イベントレポート(4)

翻訳すると「私たちのことを私たち抜きで決めないで」という意味です。子育て施策を決定する委員会や会合での議論の場に、子育ての当事者も加えてほしい!という訴えです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.