くらし情報『無期雇用転換ってなに?ママのメリット・デメリット』

無期雇用転換ってなに?ママのメリット・デメリット

2018年4月3日 10:01
 

平成24年8月に成立した「改正労働契約法」により、平成30年4月から本格的に、一般にパートやアルバイトや契約社員と呼ばれる期間が決められて働いていた人(有期契約労働者)の雇用のされ方が変わります。
有期労働契約が5年を超えて更新して働いている人は、申し出ることにより契約期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されることになりました。
これを「無期転換ルール」と呼びます。
この「無期転換ルール」、ワーママにとってどんな影響があるのでしょうか。

参考:労働契約法の改正について~有期労働契約の新しいルールができました~

どんな人があてはまるのか

目次

・どんな人があてはまるのか
・ママにとってメリット
・ママにとってのデメリット
・まずは申し出てみよう
・会社としてのメリットもある
無期雇用転換ってなに?ママのメリット・デメリット

改正労働契約法施行日の平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約の通算期間が5年を越えていること同じ会社(同一使用者)からの雇用で、1年以上働いていれば間に6カ月までの無契約期間があっても前後の契約期間を通算します。1年未満の働きであったとしても、その契約期間より短い無契約期間であれば通算されます。契約更新回数が1回以上あること有期契約が3年で、すでに3年働き更新をして1年目であれば続く2年も契約しているので、まだ5年たっていなくても4年目に無期転換申し込み権が発生します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.