くらし情報『厚生労働省の資料を読み解く(その5)~ひとり親家庭への支援ってどうなってるの?Vo.2~』

厚生労働省の資料を読み解く(その5)~ひとり親家庭への支援ってどうなってるの?Vo.2~

2018年4月20日 00:01
 

読んだ資料

Vol.1に引き続き、下記の資料を読み解いていきましょう。
「平成28年度母子家庭の母及び父子家庭の父の自立支援施策の実施状況」
平成29年12月28日厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課母子家庭等自立支援室4.就業支援に関する施策等(職業訓練)

関連リンク

・親友が消えた!? 「大人の女性の友人関係」を山田可南さんに聞いてみた
・平野紫耀が男泣き キンプリCDデビューを“花晴れ”チームが祝福
・元SKE48矢方美紀 乳がんで左乳房全摘も前向きになれた理由
厚生労働省の資料を読み解く(その5)~ひとり親家庭への支援ってどうなってるの?Vo.2~

職業訓練に関わる給付金には、ひとり親家庭以外の人に対しても「教育訓練給付金」「雇用保険」「職業転換給付金」などがありますが、ひとり親家庭にはさらに「母子家庭の母等の特別対策」として「自立支援教育訓練給付金」「高等職業訓練促進給付金」「高等職業訓練促進資金貸付」という、3つの制度で資金面の援助があります。
・自立支援教育訓練給付金…教育訓練講座を受講し、修了した場合、経費の一部を支給(講座修了後に受講費用の60%)
・高等職業訓練促進給付金…資格取得のため1年に養成機関で修学する場合にその間の生活費として給付金を支給
・高等職業訓練促進資金貸付…生活資金を無利子で貸し付ける制度個人的には、これらの制度がフル活用できれば、職業訓練中の生活費は何とかなりそうだという気がします。もちろん贅沢はできませんが。

さらに、中卒や高校中退のひとり親のために、高校を卒業したと同等の学力があるとみなされる高等学校卒業程度認定試験の合格支援事業の実施も平成27年にスタートしています。
これは指定の講座の受講修了時に給付金、合格時にも給付金が支払われるという事業。平成28年の支給件数はまだ28件と少ないのですが、今後は増えていくと思われます。
学歴がすべてではありませんが「高校を出ていないからなかなか安定した仕事に就けない…」という人がいるのも事実。ひとり親にとっては朗報ですね。

こういった支援は大変いいことだと思いますが、個人的にはなぜ給付は受講後なのかなとひっかかります。
ひとり親家庭は経済的に余裕がないケースが多いことはわかっているはずです。後からもらえる給付金より、今目の前の仕事を選んで、結局安定した仕事に就けずにいる、仕事が不安定だから経済的に余裕がなく…というループにはまった人が案外多いのではないでしょうか。
5.就業支援に関する施策等(雇用・就業機会の増大)
厚生労働省の資料を読み解く(その5)~ひとり親家庭への支援ってどうなってるの?Vo.2~

ひとり親の就業支援のために、働く側だけでなく、雇う側への支援も行われています。同じ程度の人材なら、ひとり親家庭の親のほうを優先して欲しいという意図が伝わってきます。

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)
母子・父子家庭の母・父をハローワークの紹介で雇用すると「特定求職者雇用開発助成金」を支給するというもの。支給額は30~60万円(雇用形態と企業規模によって異なる)で、平成28年度は総額89.6億円が支給されています。
トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)
求人者と求職者とが相互に理解を深めるためのトライアル雇用制度です。支給額は一般は支給対象者1人につき月額4万円ですが、対象者が母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、1人につき月額5万円となります。これはいずれも雇い主のための制度。人手不足で売り手市場などと言われていますが、母子・父子家庭の親は、子育てとの両立が難しいだろうと思われて、就職活動が不利になるというケースもあるようです。雇う側に助成金を付けることで、少しでもひとり親が就職しやすくなるのでしょうか。「特定就職困難者」という言葉がそのままひとり親家庭の困難さを物語っているような気がします。

いったんまとめ

ここまで読み解いてい、母子・父子家庭の状況と、就業相談がワンストップで行う流れになってきている、ということが分かってきました。
母子・父子家庭の状況を踏まえることで、より有効な支援ができるでしょうし、当の母親や父親が就業相談をしようというとき、あちこちの窓口に何度も顔を出さずに済むというのは助かる話です。少しずつ良い方向へと向かっているのかなという気がしました。…そして、資料はまだ続きます。

(文・曽田照子

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.