くらし情報『厚生労働省資料を読み解く(その7)~離婚しやすい職業~』

厚生労働省資料を読み解く(その7)~離婚しやすい職業~

2018年6月13日 00:01
 

離婚しやすい職業

今や、結婚した夫婦の3組に1組は離婚している日本。
その理由は様々ですが、ひとつの見方として、厚生労働省の資料に「夫婦の就業状態・職業別に見た離婚」というものがあります。

平成27年のデータですが、就業状態の構成割合を見てみると、夫は「有職」が全体の83.2%、「無職」が9.5%。妻は「有職」が63.6%「無職」が29.4%となっています。平成22年の調査と比較すると、夫の無職の割合は減っているものの、妻は「有職」で離婚している人の割合が6.8%上昇しているそうです。女性の社会進出にともなっての上昇とも考えられますね。
そして、「有職」の離婚者の中で“職業別”の構成割合を見てみると「離婚しやすい職業ランキング」が明らかになってきます。

目次

・離婚しやすい職業
・職業の組み合わせで見る
・離婚に至るまでの時間
・まとめ
厚生労働省資料を読み解く(その7)~離婚しやすい職業~

離婚した人が多い「夫の職業」ランキング1位「技術・専門職」2位「サービス業」3位「建設・採掘職」
1位の技術専門職とは、弁護士や医師、研究者、技術開発者、看護師、デザイナーなど、自分の知識や技術、資格を生かすことができる職業です。独立をし、個人事業主として生計を立てる人も多い分野です。
2位の「サービス業」とは、運輸、通信、商業、金融、理容業など、“サービス”という形のない財を提供する非製造業全般をさします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.