くらし情報『気を付けて、後輩にその発言、その行動、無意識にセクハラ・パワハラしているかも!?』

気を付けて、後輩にその発言、その行動、無意識にセクハラ・パワハラしているかも!?

2018年6月14日 00:01
 

後輩や部下が増えてきたあなた。セクハラ・パワハラといえば自分は被害者側…と思い込んでいませんか?若い社員に対してワーママが無意識にやらかしてしまいそうなセクハラ・パワハラ等ハラスメント発言について考えてみました。

「女性=被害者」ではない。女性だって加害者になる

目次

・「女性=被害者」ではない。女性だって加害者になる
・女性が気を付けたいセクハラ&パワハラ行動・発言
・相手を思いやる気持ちを忘れずに
気を付けて、後輩にその発言、その行動、無意識にセクハラ・パワハラしているかも!?

まず意識しておきたいのは、女性だからといってセクハラ・パワハラの被害者になるだけではないという事実です。
男女問わず社歴が長くなったり役職に就いたりすれば、部下や後輩に対して社内での立場は優勢になります。
そこでわざと職場環境が悪くなるような発言や扱いをしたり、男女の差別をしたりすればパワハラ・セクハラになってしまいます。「女性だからこのくらいキツい言い方しても許される」「自分だってこのくらいガマンしてきたのだから」「男性だって喜んでいるはず」なんていう言い訳は通用しないのです。
自分も気を付けないと、パワハラ・セクハラの加害者になる可能性がある、という事実をまず認識してください。

女性が気を付けたいセクハラ&パワハラ行動・発言

では女性が職場で気を付けたいセクハラ&パワハラにはどんな発言・行動があるのでしょうか。
全般的に言えるのはもし、男性→女性だったらアウトな発言はアウト、ということ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.