くらし情報『森田芳光の名作で芸能界デビューしていたエド・はるみ 女優志望だった30年前を回想』

2012年3月29日 18:32

森田芳光の名作で芸能界デビューしていたエド・はるみ 女優志望だった30年前を回想

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

現在開催中の「第4回沖縄国際映画祭」で3月27日(火)、昨年急逝した森田芳光監督の『の・ようなもの』が沖縄コンベンションセンター・シアターにて特別上映され、お笑い芸人エド・はるみがトークショーを行った。

『の・ようなもの』は1981年に公開された、森田監督の長編劇場映画デビュー作。東京の下町を舞台に、古典落語の修業に励む若手落語家、風俗嬢、女子高の落研に所属する女子高生たちの群像劇を描く。30年に及ぶ監督人生の中で、人々が生み出す可笑しみや温かさを描き続けた森田監督だが、その独特の人間描写が生きる遺作『僕達急行 A列車で行こう』が現在、好評公開中である。

実は、高校生の頃に女優を目指していたというエドさんは、この作品で芸能界デビューを果たしていたという驚きのエピソードを明かした。女子高生役のオーディションでは、ドラマ「赤いシリーズ」の宇津井健のモノマネを披露したことをふり返り、会場を沸かせた。その後、見事落研部員の1人として役を獲得したエドさん。撮影時、森田監督は30代で現場はとても活気に満ちたものだったそう。現場での森田監督とのエピソードを聞かれると、「撮影時は後ろの方にいたんですが、森田監督が『前においで』と言ってくれて感激しました」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.