くらし情報『本田望結ちゃん「すごい! ヤバい!!」本物のゾウに大興奮』

2013年1月29日 20:38

本田望結ちゃん「すごい! ヤバい!!」本物のゾウに大興奮

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


西加奈子氏の人気小説を映画化した『きいろいゾウ』の公開直前プレミアイベントが1月29日(火)、都内で行われ、宮﨑あおい、向井理濱田龍臣本田望結廣木隆一監督が出席したほか、タイトルにちなみ、千葉県・市原ぞうの国から本物のゾウのランディーがやって来て、イベントを盛り上げた。向井さんは長い鼻をなでながら「ちょっとチクチクしているけど、意外と柔らかい」とコメント。その鼻でランディーが、小さな望結ちゃんを持ち上げると、望結ちゃんは「すごい!ヤバイ!!」と大興奮だった。

映画は互いの秘密を知らないまま出会ってすぐに結婚し、片田舎の町に移り住んできた、天真爛漫な“ツマ”(宮﨑さん)と売れない小説家の“ムコ”(向井さん)の夫婦の温かな日常が、一通の手紙をきっかけに少しずつズレていくさまを描いている。

廣木監督いわく「現場は会話がほとんどなかった状態」だったと言い、宮﨑さんと向井さんは撮影後のプロモーションを通して、「よくしゃべるようになった」(向井さん)。それでも、宮﨑さんはインタビュアーからの質問に答えが見つからないと「すべて向井さんに丸投げ(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.