くらし情報『安藤サクラ、女優賞W受賞の快挙に「子孫にも感謝」と珍挨拶も監督は涙』

2013年2月11日 18:12

安藤サクラ、女優賞W受賞の快挙に「子孫にも感謝」と珍挨拶も監督は涙

ありがとうございました」と感謝の思いを口にした。

同じく新人賞を授与された三浦貴大は「新人っぽい年齢でもなく今年28歳で、フレッシュでないのが申し訳ない」と語り笑いを誘う。父(三浦友和)、母(山口百恵)からは「メールで」祝福の言葉が届いたそうだが、改めて役者としての父親の存在について尋ねると、「いまの僕にとって父はある種の“夢”かなと思います」と胸の内の思いを明かした。

『苦役列車』で主演男優賞を初めて受賞した森山さんは、この日が北九州での芝居の公演の最終日で、公演終了後に飛行機に飛び乗り、羽田空港から一路、会場の銀座へ。途中、渋滞に巻き込まれながらも表彰式の終了間際に到着し、最後にトロフィーを受け取った。今回の役柄について「現場で山下(敦弘)監督とコミュニケーションを取りながら作り上げていった」と述懐。一方で「どちらかと言うと出来上がってからが“苦役”でしたね。いろんな人が勝手にいろんなことを言うし、興行的にもね…(苦笑)」とも。だからこそ「こうして賞がいただけたことが嬉しい。スタッフのみんなには早く届けたい」と受賞の喜びを語った。

「第86回キネマ旬報ベスト・テン受賞結果一覧」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.