くらし情報『『シカゴ』キャストがプレゼンターで再集結!?今年のオスカーは“ミュージカル”に注目』

2013年2月13日 13:12

『シカゴ』キャストがプレゼンターで再集結!?今年のオスカーは“ミュージカル”に注目

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


今月24日(現地時間)に迫った第85回アカデミー賞授賞式に、映画『シカゴ』(’02)で共演したリチャード・ギアレニー・ゼルウィガーキャサリン・ゼタ・ジョーンズクイーン・ラティファが再集合することが明らかになった。

レニーとキャサリン、ラティファは、それぞれの役で2002年のオスカーにノミネートされ、キャサリンが見事ショー・ガールのヴェルマ・ケリー役で助演女優賞を射止めたほか、作品自体も作品賞、美術賞、衣装デザイン賞、音響賞、編集賞と計6部門を制している。

実は、第85回アカデミー賞授賞式でプロデューサーを務めるニール・メロンとクレイグ・ゼイダンは、『シカゴ』で製作総指揮を務めていた人物。2人は、この豪華キャストが今年のアカデミー賞授賞式で再集合を果たすことに対して、「 『シカゴ』のスターたちが、作品賞を受賞して10周年を迎えるオスカーで、再集結することにとてもワクワクしています」とコメントを寄せている。

今年の授賞式では、過去10年間のミュージカル映画、特に『シカゴ』、『ドリームガールズ』、『レ・ミゼラブル』をフィーチャーした企画が行われることも発表されていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.