くらし情報『【沖縄国際映画祭】北乃きい、上京当時の驚愕エピソードを披露「洗濯機が恐かった」』

2013年3月26日 10:15

【沖縄国際映画祭】北乃きい、上京当時の驚愕エピソードを披露「洗濯機が恐かった」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


先日より開催中の第5回「沖縄国際映画祭」にて、3月25日(月)、Peace部門に出品された映画『上京ものがたり』の舞台挨拶に主演の北乃きいと子役の谷花音、そして森岡利行監督が登壇。北乃さんは、自身の上京した頃の思い出を語り会場を沸かした。

物語は、「パーマネント野ばら」や「女の子ものがたり」などで知られる人気漫画家・西原理恵子の自伝的コミックを映画化した本作。美大に通うため、田舎から上京した菜都美(北乃さん)は、ついに憧れの東京暮らしだったが、極貧のため日陰生活だった。ある日、良介と出会い一緒に暮らし始める。良介は優しかったが、定職にも就かずいつもゴロゴロしするばかり。生活は苦しくなり、菜都美は慣れない水商売を始めることになるが…。
この日、登壇した北乃さんは黄色のワンピース、花音ちゃんはピンクのワンピースで姉妹のような2人に会場は「可愛い~」とため息交じりの声援に沸いた。「沖縄にはグラビアのお仕事で数えられないほど」来ているそうだが、今回初めて「沖縄国際映画祭」への参加となり「こうやって初めての上映がここでみなさんに観て頂けて嬉しい」と笑顔を見せた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.