くらし情報『稲垣吾郎、高校時代の広末涼子にもらったサインを「部屋に飾ってます」』

2013年4月6日 17:37

稲垣吾郎、高校時代の広末涼子にもらったサインを「部屋に飾ってます」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


映画『桜、ふたたびの加奈子』が4月6日(土)に初日を迎え、主演の広末涼子を始め、稲垣吾郎SMAP)、福田麻由子高田翔ジャニーズJr.)、栗村実監督が舞台挨拶に登壇した。

事故で娘を亡くすも、その生まれ変わりを信じる母親が再生していく姿を描いた本作。広末さんは「たくさんの秘密が隠されていて、最後の最後には熱いもの、グッとくるものを持って帰ってもらえると思います」とこれから映画を観る観客に呼びかける。

稲垣さんと夫婦役を演じたが、「イメージが変わりました」と驚きと共に明かす。「王子様のようなインテリでクールなイメージだったんですが、監督から今回『田舎にいるお父さんになってほしい』と言われて、それを誠実にやってらっしゃいました。ご自身とかけ離れた役なのかな?と思ってたら、子どもを見て、泣いちゃうのかな?と思うようなグッと来ているところもあり、『稲垣さんが感動してる!』って(笑)。温かい人なんだなとイメージが変わりました」と称賛を込めて語るが、これまでかなり“クール”、いや冷酷とも言えるようなイメージを持っていたようで、稲垣さんはちょっぴり複雑そう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.