くらし情報『ジブリ新作『風立ちぬ』主人公に“監督”庵野秀明! 宮崎駿に「だまされた!」』

2013年5月10日 12:43

ジブリ新作『風立ちぬ』主人公に“監督”庵野秀明! 宮崎駿に「だまされた!」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


スタジオジブリ宮崎駿監督が5年ぶりに手がけた最新作『風立ちぬ』。このほど、本作の主人公のボイスキャストを、アニメクリエーターとして知られる庵野秀明“監督”が務めるという驚きのキャスティングが明らかとなった。

本作で描かれるのは、青年技師・堀越二郎の物語。主人公のモデルとなったのは、戦時下に活躍した零戦を設計した二郎と、同時代を生きた文学者・堀辰雄。この2人の人生を融合させ、技師としての生き方や薄幸の少女・菜穂子との出会いを描き出す。

1984年公開の『風の谷のナウシカ』で巨神兵シーンを描いて以来、宮崎監督を師と仰ぐ庵野さん。そんな経緯があってか、今回の異例のキャスティングは、主人公は「早口である」「滑舌がよい」「凛としている」という宮崎監督のイメージから、プロデューサーの鈴木敏夫が庵野さんの名前を候補に挙げたことがきっかけだったのだとか。

これまでにもアニメーション作品「アベノ橋魔法・商店街」で声優を務めたり、松尾スズキ監督作『恋の門』や蜷川実花の『さくらん』など実写映画の世界ではカメオ出演ながら様々な作品に参加してきた。

しかし、“庵野秀明”の名で主演俳優として表舞台に立つことは今回が初めて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.