くらし情報『ダスティン・ホフマン、がん治療のため手術を受けていた』

2013年8月8日 10:14

ダスティン・ホフマン、がん治療のため手術を受けていた

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


初監督作『カルテット!人生のオペラハウス』で4月に来日したダスティン・ホフマンが、がん治療のため手術を受けていたことが明らかになった。

75歳のホフマンについて、代理人は「早期発見で手術を受け、治癒しました。ダスティンは気分も健康状態も良好です」と「People.com」にコメントした。がんの種類や治療法を含め、詳細は明らかにされなかったが、今後も再発予防のための治療は続けていくという。

ホフマンは先日、ジョン・ファヴロー監督、ロバート・ダウニーJr.スカーレット・ヨハンソン共演の『Chef』(原題)の撮影を終えたばかり。秋にはジュディ・デンチ共演の『Esio Trot』(原題)、その後に『Boys Choir』(原題)と新作の撮影が立て続けに控えている。どうぞ無理をし過ぎずに、と願うばかりだ。

(text:Yuki Tominaga)

■関連作品:
カルテット!人生のオペラハウス 2013年4月19日よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて公開
(C) Headline Pictures (Quartet)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.