くらし情報『イケメン瀬戸康史&山本裕典、貞子への愛情が深いのは…?『貞子3D2』封切り』

2013年8月30日 14:25

イケメン瀬戸康史&山本裕典、貞子への愛情が深いのは…?『貞子3D2』封切り

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


昨年スマッシュヒットを記録した『貞子3D』の続編『貞子3D2』(瀧本美織主演)の初日舞台挨拶が8月30日(金)、東京・角川シネマ新宿で行われ、前作に引き続き出演している瀬戸康史山本裕典が、貞子への愛情の深さを競い合った。

「貞子愛は誰にも負けないくらいハンパない」と口火を切ったのは瀬戸さん。「2作目が作られるのは、みなさんが前作を楽しんでくださった証拠。今回も怖いだけじゃない貞子を楽しんで」と残暑厳しいこの日、アピールにも熱がこもった。

片や山本さんは「撮影も1日だけだったし、この映画を観たのも1度だけ。きっと一番(貞子への)気持ちは薄い役者だと思う」と意外にもあっさり。それでも「もし『貞子3D3』があれば、また復活しますよ!もし次回呼ばれなかったら、それが一番の恐怖」としっかり貞子愛をアピールしていた。

舞台挨拶には主演を務める瀧本さん、瀬戸さん、山本さんに加えて子役の平澤宏々路ちゃん、田山涼成、英勉監督、原作者の鈴木光司氏が登壇。英勉監督は「ぜひ『風立ちぬ』に対抗できれば。“生きねば”の次は“死なねば”ということで…」と対抗意識を見せたが、瀧本さんはそのひ『風立ちぬ』で声優を務めており、思わず複雑な表情。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.