くらし情報『渡辺謙、2階席から登場し4,000人に挨拶!』

2013年9月2日 21:27

渡辺謙、2階席から登場し4,000人に挨拶!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


クリント・イーストウッドによるアカデミー賞「作品賞」受賞作を日本でリメイクした『許されざる者』のジャパン・プレミアが9月2日(月)に開催され、主演の渡辺謙を始め、佐藤浩市柄本明、李相日監督ら総勢11名が一堂に会した。

オリジナルではアメリカ北西部を舞台にしていた物語を、明治維新から間もない蝦夷地(北海道)に移して製作。かつては“人斬り”と怖れられていた男が、再び刀を手にして賞金が掛けられた犯罪者の命を狙うのだが…。

会場には約4千人の観客が来場。まず佐藤さんと柄本さんが左右の客席通路から登場し、会場中央に用意された花道へ。そして“真打ち”の渡辺さんは本人たっての希望で何と、2階席に登場!これには客席がどよめいた。

そして渡辺さんは李監督をエスコートして再び1回客席後方から登場し、花道に登壇し佐藤さん、柄本さんと合流。舞台上では柳楽優弥忽那汐里小池栄子國村隼滝本賢一小澤征悦三浦貴大が迎え、メインキャスト10名と監督の揃い踏みとなった。

イーストウッドから大切な作品を託され、完成へとこぎつけてお披露目を迎え、渡辺さんは万感の思いで深々と4,000人に向かって頭を下げる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.