くらし情報『高梨臨、“見て見ぬふり”に葛藤 「自分のことを一番に考えてもいい」』

2013年9月20日 12:45

高梨臨、“見て見ぬふり”に葛藤 「自分のことを一番に考えてもいい」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


倉科カナ成海璃子木村多江高梨臨広末涼子という豪華な女優陣を各話の主演に迎えて贈るWOWOWの連続ドラマW「鍵のない夢を見る」。高梨臨がヒロインを演じる第4話「仁志野町の泥棒」のドラマ劇中ビジュアルが到着した。

小学校教師のミチル(高梨臨)は、参加していたバスツアーのガイドが小学校のクラスメイト・律子(佐津川愛美)だと気づく。だが、律子は自分を覚えていない様子だ。ミチルは狭い町で起きた忌まわしい過去を思い起こしていた…。

11歳のミチル(木村真那月)は転校生の律子(川島鈴遥)と親しくなり、家にも遊びに行くようになった。しかし、なぜか一家は住居を転々としていた。その訳は、律子の母親が窃盗の常習犯だというのだ。しかも被害に遭った町の大人たちは警察に突き出すこともなく、律子の一家とは距離をとっているだけだった。そんなショッキングなうわさ話を聞かされたある日、買物から帰宅したミチルたち家族は、信じられない光景を目撃してしまう…。

本作のテーマの一つが、“幼少期の思い出”。薄ぼんやりと淡く美しいものを想像しがちだが、本ドラマで描かれるのは、じわじわと迫りくる過去からの不安。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.