くらし情報『ハリウッド期待の8歳の子役が全国1位の“ゆるキャラ”と対面!「フカフカしてカワイイ」』

2013年11月18日 22:20

ハリウッド期待の8歳の子役が全国1位の“ゆるキャラ”と対面!「フカフカしてカワイイ」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


映画『メイジーの瞳』に主演する子役のオナタ・アプリールちゃんが来日。スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル両監督と共に11月18日(月)に都内で行われた舞台挨拶に登壇し、花束ゲストとして同じく子役の谷花音ちゃんが来場した。

『キッズ・オールライト』製作スタッフが再び家族をテーマに手がけた本作。両親の離婚で彼らの家を10日ごとに往き来することになった、メイジーの視点で現代ならではの新たな家族像を描き出す。

8歳のオナタちゃんは異国の観客の雰囲気に気圧されたのか少し恥ずかしそう。「みなさんが来てくださってすごく嬉しいです」と客席に向かって挨拶。撮影について「楽しかったです」とふり返り、「映画もとても気に入ってます。モノポリーをするシーンがお気に入りです」と語った。

本作は昨年の東京国際映画祭に出品されており、両監督はそのときも来日している。ちなみに、マクギー監督は日本で暮らしていた経験もあり「また日本に戻ってこれて喜んでいます」と流暢な日本語で語る。

シーゲル監督はメイジー役がオナタちゃんに決定した経緯について「すごく大変でした。数百人のコたちと面接し、オーディションを重ね、撮影まで1か月を切ったところでオナタと会ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.