くらし情報『逢坂良太&佐藤聡美&白石涼子ら人気声優が『エンダーのゲーム』吹き替えに抜擢』

2013年11月27日 17:04

逢坂良太&佐藤聡美&白石涼子ら人気声優が『エンダーのゲーム』吹き替えに抜擢

田井中律役)、エンダーが心から信頼する姉・ヴァレンタイン白石涼子(「ハヤテのごとく!」綾崎ハヤテ役)と主役級の人気声優が並ぶ。

また、エンダーの友人ビーン役には沢城みゆき(「ルパン三世峰不二子役)ほか、ハリソン・フォード演じる指導官グラッフ大佐役には磯部勉ベン・キングズレー演じるメイザー役には麦人など、洋画吹き替えでいつも耳にするベテラン声優陣も脇を固める。

エンダー役の逢坂良太さんは、海外制作の作品に参加するのは今回が初めて。収録日までは緊張していたそうだが本番では覚悟を決め「やらなきゃいけない!自分はやれるんだ!」と奮い立たせて臨んだエピソードを明かした。

また、佐藤さんは、「ペトラには短所すら魅力に感じるような部分があって、そういった面は私が以前演じさせて頂いたとあるキャラクターに似てる部分がある」とファンにとっても嬉しいコメントを寄せる。

原作の小説が現在の日本のアニメ界に影響を与えたことを聞いた白石さんは、「なるほど!いまの日本のアニメ作品にありそうだ!」と納得したそうで、「このシーン、アニメで見たことある!」と思える世界観に溢れていることを紹介した。

以前取り上げた、秋赤音によるイメージイラストの発表、絶版状態にあった原作の新訳版刊行、そして冬コミケ参戦に加え、日本の人気声優たちによる日本語吹き替え版製作決定とエンダー再誕プロジェクトが大きく動くなか、さらには今回抜擢された声優陣による「エンダーのゲーム」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.