くらし情報『佐藤健の「あなたが理子役で良かった」…『カノ嘘』デビューの大原櫻子が号泣!』

2013年12月15日 16:30

佐藤健の「あなたが理子役で良かった」…『カノ嘘』デビューの大原櫻子が号泣!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


12月14日(土)、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』が公開初日を迎え、主演の佐藤健を始め、劇中で大人気バンド「CRUDE PLAY」を演じる三浦翔平窪田正孝水田航生浅香航大、「MASH&Co.」を演じる大原櫻子吉沢亮森永悠希、そして反町隆史相武紗季、音楽プロデューサーの亀田誠治小泉徳宏監督が初日舞台挨拶に登壇した。

原作は、「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」も映画化された青木琴美の大人気コミック。音楽業界を舞台に、大人気バンドの楽曲を一手に担う天才サウンド・クリエイターの秋(佐藤健)と、天性の歌声を持つ女子高生の理子(大原櫻子)の恋と葛藤が描かれる。

佐藤さんは、「みなさんがどんな感想をお持ちか分からないですが、一つだけ言えることは、僕たちはこの映画を愛しています」と挨拶。客席から「カッコよかった!最高!」との声がかけられると、「ありがとうございます!それが欲しかった」と笑顔を見せ、初めての本格的なラブストーリーの現場を「現場が華やかでした。いままで男たちと戯れていることが多かったので、常に女性が隣にいていつもとは違う楽しみがある現場でした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.