くらし情報『【ディズニーの楽しい映画の作り方 特別編】働く大人にも“夢と魔法”を…ディズニー社内に潜入!』

2013年12月31日 16:56

【ディズニーの楽しい映画の作り方 特別編】働く大人にも“夢と魔法”を…ディズニー社内に潜入!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


『美女と野獣』や『ピーター・パン』などのスピンオフ作品を製作し、良作なアニメーションを生み出し続けるディズニーの新たな顔となる――ディズニー・トゥーン・スタジオ。アメリカ・ロサンゼルスにある、誰も足を踏み入れたことのないこのスタジオに、シネマカフェが初潜入!まもなく公開される映画『プレーンズ』の制作スタッフたちに取材を敢行。「ディズニーの楽しい映画の作り方」と題して、制作の裏側をスタッフたちの特別インタビューを通してご紹介!

ラストとなる第6弾は番外編。ディズニー社員を裏側で支える、社員専用食堂で料理を振る舞うシェフ、さらにディズニー・トゥーン・スタジオを探索し、ディズニー社員たちの知られざるワークライフをご紹介!

まずは、ディズニーやピクサーの社員食堂の中で最も美味しいと言われる、ディズニー・トゥーン・スタジオを切り盛りする男、料理長のルーチョ・ベドンに話を聞いてみた。

【料理長のルーチョ・ベドン/インタビュー】

――ピクサーのジョン・ラセッターが自らその舌で彼の料理を食し、直接オファーを受けたほどの腕前を持つルーチョだが、元はダウンタウンの三ツ星レストラン「ズッカ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.