くらし情報『吉高由里子、紅白司会やるなら仲間由紀恵とコンビ?「とんでもないことになりそう」』

2014年1月7日 18:00

吉高由里子、紅白司会やるなら仲間由紀恵とコンビ?「とんでもないことになりそう」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


NHK連続テレビ小説としてこの春より放送が開始される「花子とアン」に主演する吉高由里子が1月7日(火)、共演の仲間由紀恵らと共に撮影が行われている横浜市の緑山スタジオにて会見を行い、奔放なトークで笑いを誘った。

「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の波乱に満ちた生涯を描く本作。昨年、花子の生まれ故郷の山梨での撮影が行われたが、その後、花子が10歳で編入する東京の女学校のシーンの撮影がスタート。20歳で学校を出るまでの彼女の青春時代がここで紡がれる。

生涯の親友となる蓮子を演じる仲間さんを始め、同級生の亜矢子を演じる高梨臨、厳格な英語教師のタキやくのともさかりえ、大らかな寮母・のり子を演じる浅田美代子らとの撮影を吉高さんは楽しんでいるよう。英語のセリフという難関もあり「英語の部分は早く終わってほしいと弱気になってます」と苦笑しつつも「これまで方言や英語の特別レッスンをやったことがなかったのでいい経験です」と充実した表情で語った。

村岡花子さんが翻訳した「赤毛のアン」は撮影前に台本を渡される前に読んだそう。普段は「本を読まない人(苦笑)」という吉高さんだが「最初は読みやすいとは言えなかったのが、最後の方はすらすらと読めるようになってきた自分がいて嬉しかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.