くらし情報『『エンダーのゲーム』公開で逢坂良太演じた主人公を巡り、声優陣の女の戦い勃発?』

2014年1月19日 14:22

『エンダーのゲーム』公開で逢坂良太演じた主人公を巡り、声優陣の女の戦い勃発?

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


映画『エンダーのゲーム』が1月18日(土)に公開を迎え、日本語吹替え版のボイスキャストを務めた逢坂良太佐藤聡美白石涼子が都内劇場で舞台挨拶を行なった。

1977年に刊行され、SF界のネビュラ賞、ヒューゴ賞の2冠を獲得。“セカイ系”と呼ばれる日本のアニメーションやサブカルの世界観にも多大な影響を与えた小説を映画化。戦争の終結という宿命を背負って生まれた少年の戦いと成長を描き出す。

声優陣3人にとって、上映後の舞台挨拶に参加するのはこれが初めて。逢坂さんは「こういう粛々とした舞台に立つことはあまりないので緊張しています」と語っていたが、映画を観終えたばかりの観客の温かい拍手に迎えられ安堵の表情を浮かべる。「ようやく中身について話せてホッとしてます。これまでの取材でもネタバレができずに大変だった」とふり返る。

佐藤さんは「収録を終えてから、早くいろんな人に観てほしいと思っていたのでようやく初日となり観ていただいた方にお会いできて嬉しいです」と満面の笑み。白石さんも「いろんなところで『観てください』と言ってきたんですが、みなさんの感想を聞いて回りたいくらい気になります!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.