くらし情報『福士蒼汰が“30代の元米軍”役に 劇場版『コナン』で声優&英語セリフ初挑戦』

2014年2月6日 12:00

福士蒼汰が“30代の元米軍”役に 劇場版『コナン』で声優&英語セリフ初挑戦

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


名探偵コナン」原作・連載20周年記念の作品にして、劇場版シリーズとなる第18弾『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』。本作のゲスト声優に、福士蒼汰とお笑いコンビ「パックンマックン」のパトリック・ハーランが抜擢されたことが明らかとなった。今回、福士さんは長編アニメ映画の声優、さらに英語でのシーンにも初挑戦することとなった。

東京の街を一望できる高さ635mのベルツリータワー。そのオープニング・セレモニーで展望台からの絶景を楽しんでいたコナンと蘭、少年探偵団たち。だがその時、1発の銃弾がガラス窓を突き破り、ある男の胸を撃ち抜いた!すぐさま犯人追跡メガネをズームさせ、銃弾の軌道先に黒い影を見つけたコナン。

ありえない距離からの狙撃――コナンは逃走するスナイパーを女子高生探偵の世良真純と共にバイクで追うが、警察のパトカーもろとも容赦なく爆破しようとするスナイパーとのチェイスに翻弄されてしまう。コナンと世良、そして警察とFBIがタッグを組んで捜査を始める中、浮かび上がったのは海軍の特殊部隊“ネイビー・シールズ”の存在だった…。

本作で、福士さんはケビン・ヨシノ(32歳)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.