くらし情報『新『スター・ウォーズ』の“悪役”が決定!』

2014年2月28日 17:41

新『スター・ウォーズ』の“悪役”が決定!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


ファン待望の『Star Wars: Episode VII』(原題)から初めての正式なキャスティング・ニュースが米エンタメ情報サイト「Variety」によって明らかとなった。

その内容は、TVドラマ「Girls」(原題)で注目を集めている30歳のアダム・ドライヴァーが悪役を演じることが決まったとのこと。同サイトによるとアダムは旧3部作の暗黒卿「ダース・ベイダー」に相当する悪役を演じるとされている。

アダムは、「Girls」では主人公ハンナの恋人アダム役で大ブレイクした若手俳優。アメリカ海兵隊に入隊するも、怪我で除隊、ジュリアード音楽院で演劇を学んだ異色の経歴を持つ。デビュー後は映画『J・エドガー』(’11)『リンカーン』(’12)『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(’13)などの話題作に出演しており、マーティン・スコセッシ監督がメガホンを取る遠藤周作原作の『Silence』(原題)への出演も決まったばかりの実力派。

同サイトによると、J.J.エイブラムスが監督を務める『Star Wars: Episode VII』は、『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』(’83)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.