くらし情報『松田龍平、真木よう子、リリー・フランキーに栄誉! 快挙&笑いアリの日本アカデミー賞』

2014年3月8日 13:30

松田龍平、真木よう子、リリー・フランキーに栄誉! 快挙&笑いアリの日本アカデミー賞

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


『舟を編む』が最優秀作品賞を始めとする6冠を獲得した、第37回日本アカデミー賞。俳優部門では松田龍平の最優秀主演男優賞受賞、真木よう子の主演&助演女優賞W受賞などドラマと快挙に会場は沸き立った。

俳優部門で最初に発表されたのは、助演男優賞部門。優秀賞を受賞したのはオダギリジョー(『舟を編む』)、妻夫木聡(『東京家族』)、ピエール瀧(『凶悪』)、松田龍平(『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』)、リリー・フランキー(『凶悪』『そして父になる』)の5名。

リリーさんは『凶悪』では“先生”と呼ばれる保険金殺人の冷酷な首謀者、『そして父になる』では決して裕福ではないが、3人の子どもを愛情深く育てる父親を演じ、いずれの作品で受賞してもおかしくないほどの好演を見せているだけに、逆に票が分かれるのでは?という懸念もあったが、見事『そして父になる』で最優秀賞の受賞となった。

受賞のスピーチでは当初は「このような華やかな場で、このような賞をいただき、何を言っていいのか分からない…」と恐縮した様子で語っていたが、徐々にエンジンがかかってきたのか、この日(3月7日)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.