くらし情報『『スター・ウォーズ』新シリーズが5月にクランクイン! ディズニーCEOが発表』

2014年3月20日 14:22

『スター・ウォーズ』新シリーズが5月にクランクイン! ディズニーCEOが発表

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


スター・ウォーズ』シリーズ最新作『Star Wars: Episode VII』(原題)が、『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』から約30年後を舞台にしたストーリーで、5月にクランクイン予定と、ルーカスフィルム(米ウォルト・ディズニー傘下)が発表した。

米オレゴン州ポートランドで3月18日(現地時間)に行われた、ディズニーの株主総会の収支報告の中で、最高経営責任者ボブ・アイガー氏が同社の今後の予定として発表したもの。

エンタメ情報サイト「Variety」が報じた、アイガー氏のコメントによると「実際のところ、まだ企画開発の段階なので、情報の多くをみなさんさんと共有するわけにはいきませんが、若い新世代の主演3人と、みなさんのよく知った顔ぶれとが共演することになります」とのこと。

スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』が全米公開されたのは、現在から約31年前の1983年。ルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、レイア姫といったメイン・キャストのトリオを演じたマーク・ハミルとハリソン・フォード、そして、キャリー・フィッシャーらの生身の役者たちの現実の加齢と一致していることから、J.J.エイブラムス監督がメガホンを取る本作は、『スター・ウォーズ』のスピン・オフではなく、シリーズの正当な続編として本シリーズのアイコン的存在であるルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、レイア姫が登場、そしてそれぞれの子どもたちに主役の座を引継ぐ展開が描かれると予想される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.