くらし情報『品川監督、出演陣の絶賛に照れ笑い 「バラエティとの扱いの差に酔いそう」』

2014年3月25日 21:51

品川監督、出演陣の絶賛に照れ笑い 「バラエティとの扱いの差に酔いそう」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


映画『サンブンノイチ』の品川ヒロシ監督と藤原竜也中島美嘉小杉竜一ブラックマヨネーズ)、中島美嘉窪塚洋介ら総勢10名が3月25日(火)、都内で行なわれた舞台挨拶に登壇した。

『ドロップ』『漫才ギャング』の品川監督が初の小説原作作品への挑戦として木下半太の同名小説を映画化。人生逆転をかけて銀行強盗に挑んだ3人組の運命を描き出す。

上記の5人に加え、この日は河本準一次長課長)、庄司智春品川庄司)、松田大輔東京ダイナマイト)、ワッキー(ペナルティ)、YASU-CHIN(ヤスチン)も来場。この10名が3スクリーンに分かれてトークイベントを行なうという、文字通り、誰に会えるかは“3分の1”の確率という方式で舞台挨拶は行われた。マスコミが足を運んだスクリーンには、劇中と同じふんどし姿の庄司さん、ワッキーさん、YASU-CHINさんに司会として松田さんが登場し、このハズレキャストに場内は一瞬で失望に包まれた。

ワッキーさんは「みなさん、ハズレです(苦笑)」と謝罪。ふんどし姿でポーズを取りハイテンションの彼らをよそに、場内の空気は冷めたまま。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.