くらし情報『全長8メートルの実物大『パトレイバー』登場に吉祥寺駅前パニック!』

2014年4月14日 12:27

全長8メートルの実物大『パトレイバー』登場に吉祥寺駅前パニック!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


第1章が公開中の『THE NEXT GENERATION パトレイバー』で使用された全長8メートルの実物大“98式イングラム”が4月13日(日)に東京・吉祥寺駅の南北自由通路完成を記念して行われたイベントに登場。主演の真野恵里菜の指令を合図に群衆に見守られて立ち上がった。

アニメ、漫画で人気を博した「機動警察パトレイバー」の完全実写化プロジェクトとして全7章の第1章が現在公開中。劇中に出てくる“レイバー”と呼ばれる大型の人型汎用作業機械が実写で再現されていることが話題を呼んだ。

この日は、吉祥寺駅の南北自由通路の開通を記念し、朝から式典やパレードが開催されたが、真野さんが演じる泉野明いずみの あきら)が属する、レイバーを操る警視庁内の「特車二課」がパレードの安全を守ることになり、真野さんと共に劇中で明が操るイングラムも吉祥寺の駅前にお目見えとなった。

駅前は本作のファンにパレード参加者、偶然通りかかった一般の人々も含め、多くの人々でごった返し、歩行もままならないほどの大混雑に!特にイングラムを乗せたトレーラーの周囲にはスマホやカメラを手にした人々が群がり、ちょっとしたパニック状態に陥った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.