くらし情報『「テラハ」宮城大樹、初映画出演は「50点」と辛口採点も…夢は「長澤まさみ」との共演』

2014年6月17日 21:08

「テラハ」宮城大樹、初映画出演は「50点」と辛口採点も…夢は「長澤まさみ」との共演

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


映画『呪怨 -終わりの始まり-』の女子高生試写会が6月17日(火)に行われ、モデル・女優のトリンドル玲奈と、リアリティ番組「テラスハウス」で人気急上昇中の宮城大樹が出席し、舞台挨拶を行なった。

これまで『催眠』『感染』『シャッター』と数々のホラー映画を手がけてきた落合正幸が監督を務める伝説的シリーズの最新作。小学3年生のクラスの担任を急遽、受け持つことになった結衣(佐々木希)は不登校を続ける佐伯俊雄の自宅を訪問するが、それをきっかけに彼女の身の回りで起きる不可解な現象を恐怖感たっぷりに描いている。

「肌が沸き立つ 恐怖の極点」というキャッチコピーからも分かる通り、怖さが見どころとなる本作だが、トリンドルさん曰く撮影現場は「明るく、楽しくでした」とのこと。先日のイベントで主演を務める佐々木希は、「ホラーが苦手」と答えていたが、トリンドルさんは「意外とイケちゃう」とのこと。過去の恐怖体験についての質問にも、「冷静になっちゃうので…特にないです」とクールに答えマスコミ陣を困らせていたが、果たして劇中ではどんな絶叫演技を見せているのか?

この日、映画を鑑賞した女子高生たちは劇場の外まで響きわたるほどの絶叫&悲鳴をあげて本作を堪能したようで、「『キャーキャー』って悲鳴が凄かったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.