くらし情報『新垣結衣、初の教師役に! 原作はアンジェラ・アキ「手紙」が基のベストセラー』

2014年7月8日 06:00

新垣結衣、初の教師役に! 原作はアンジェラ・アキ「手紙」が基のベストセラー

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」をモチーフにしたベストセラー小説「くちびるに歌を」の映画化が決定。主演にCM、ドラマ、映画と多岐にわたって活躍中の新垣結衣が抜擢!新垣さんは本作で教師役初挑戦となる。

長崎県・五島列島の中学校。ある日、天才ピアニストだったとうわさされる臨時教員の柏木先生が、東京からやってくる。合唱部の顧問となった彼女は、コンクール出場を目指す部員たちに、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていて…。

原作は、2008年にNHK全国学校音楽コンクール課題曲となった「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の作者アンジェラ・アキが、全国の中学生に会いに行き直接対話をするというテレビドキュメンタリーのエピソードを基に、ペンネーム“乙一”としても活躍する中田永一によって書きおろされた「くちびるに歌を」(小学館刊)。

“現代版・二十四の瞳”とも言える本作の主人公・柏木先生を演じる新垣さんは、田舎には似つかわしくないとびきりの美人なのに、愛車はぼろぼろのトラックで性格は教師とは思えないほどぶっきらぼうに生徒と接する役柄。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.