くらし情報『前田敦子、染谷将太と“R15+”映画に挑戦…舞台はラブホ『さよなら歌舞伎町』』

2014年7月14日 13:10

前田敦子、染谷将太と“R15+”映画に挑戦…舞台はラブホ『さよなら歌舞伎町』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


AKB48」卒業後、『クロユリ団地』(監督:中田秀夫)『もらとりあむタマ子』(監督:山下敦弘)『Seventh Code』(監督:黒沢清)と様々な名監督たちのもとで、女優業に邁進する前田敦子

そんな彼女の次なる出演作が、『ヴァイブレータ』や『軽蔑』で知られる鬼才・廣木隆一監督の最新作『さよなら歌舞伎町』となることが明らかとなった。さらに、共演には染谷将太、舞台となるのはラブホテル、“R15+”映画だという…。

本作は、前田さんと染谷さんが演じる倦怠期の同棲カップルを軸に、5組の男女の人生が歌舞伎町のラブホテルで交錯していくさまを描いたものとなる。今回、前田さんが演じるのは、有名ミュージシャンになる夢を叶えようともがく沙耶。一方で、相手役となる染谷さんが演じる主人公は、一流のホテルマンになれなかった歌舞伎町ラブホテルの店長・徹だ。

今回の抜擢に、前田さんは撮影当時をふり返り「脚本はホテルという一つの場所で、様々なカップルがいろいろな方向にストーリーが進んでいく展開が面白かったです。個性豊かな作品を撮られてきた廣木監督がこの本を手がけるとどのような作品になるかが楽しみでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.