くらし情報『【シネマVOYAGE】台湾の魅力を“サイクリング”で味わう…『南風』』

2014年7月15日 20:00

【シネマVOYAGE】台湾の魅力を“サイクリング”で味わう…『南風』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


タイトルに“風”がついているように、この『南風』は風を感じる映画だ。自然に吹く風はもちろん、自転車に乗って、自分でペダルをこいで、自分で作りだす風がなんとも心地よさそうで自転車に乗ってみたくなる。

もちろん、毎日の生活のなかで自転車はごくごく身近なもの。決して特別な乗り物ではないけれど、場所が変わり旅先となると、“ちょっとコンビニまで”の感覚ではなくなっているから不思議。しかも『南風』の舞台となる台湾は観光のためのレンタサイクルやサイクリングロードが整っている、というのも魅力的。

実際、ヒロインの藍子(黒川芽以)は、サイクリングイベントの取材で台湾を訪れるという設定。彼女が自転車でまわる九ふん、淡水、日月潭といった台湾の観光地を映画と同じようにめぐってみたくなる!

とは言っても、藍子が4日間かけて旅をする距離は、台北市から日月潭まで地図上ではざっくり260km!さすがにこの距離を自転車で…というのは相当キツイので、距離と場所を決めてサイクリングを楽しむというのがベスト。台湾には自転車メーカー「GIANT」が展開するレンタサイクルのショップがあちこちに点在しているので、自分の気に入った名所を、自分の走れる距離を、自転車で走って風を感じたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.