くらし情報『向井理&片桐はいり、“異色姉弟”に会える!? 『小野寺の弟・小野寺の姉』』

2014年8月1日 18:15

向井理&片桐はいり、“異色姉弟”に会える!? 『小野寺の弟・小野寺の姉』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


向井理片桐はいりが“姉弟”役を演じることで注目を集めている、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』。“一見似ていなさそうだけれど、なんだか似ている”2人の恋と人生の行方を描いた本作がついに完成。このほど完成披露プレミア上映会開催が決定し、これに併せて小野寺姉弟と2人の恋のお相手となる山本美月及川光博のビジュアルが公開された。

早くに両親を亡くしてから、ずっと2人きりで暮らしている、小野寺進(弟/33歳・向井理)と小野寺より子(姉/40歳・片桐はいり)。モテないワケではないのに引っ込み思案で恋に奥手な弟と、こだわりが強く生命力の強い姉。

弟は失恋の痛手から抜け出せないことを姉にとやかく言われながらも、彼等は一つ屋根の下、程よい距離感を保ちながら暮らしていた。ある日、小野寺家に1通の誤配達の郵便が届いた手紙をきっかけに進とより子、それぞれの恋と人生が動き始める――。

2人を巡るとびきり温かくてコミカルに、そして少し切なく描くのは、『怪物くん』『妖怪人間ベム』など大ヒット作の脚本を務め、原作小説「小野寺の弟・小野寺の姉」の著者でもある脚本家&監督の西田征史

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.