くらし情報『【インタビュー】“戦う英国男子”リチャード・アーミティッジ 「竜」の次は「竜巻」!』

2014年8月29日 20:00

【インタビュー】“戦う英国男子”リチャード・アーミティッジ 「竜」の次は「竜巻」!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


今、女性たちを中心に人気を集めている“英国男子”。紳士の国で育ち、自然と体に染みついた気品と謙虚さ、そしてロンドンのウエスト・エンドで培った演技力が、アメリカ人俳優とは異なる魅力を放っている。日本でも「SHERLOCK/シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマン、新作『ケープタウン』を携えて来日したばかりのオーランド・ブルームなど、驚異の人気ぶり英国男子たち。

この3人の共通点といえば、ピーター・ジャクソン監督作『ホビット』シリーズに出演していること。『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を含め、このシリーズには英国出身のイケメン俳優が多く出演している。中でも、『ホビット』シリーズから参加したドワーフの王子・トーリンは、大きな注目を集めた。演じているのは、英国男子のひとり、リチャード・アーミティッジだ。映画の中では、たわわに蓄えたヒゲと、ガッチリと逞しい肉体で、ずんぐりむっくりなドワーフたちを率いて、勇敢に敵をなぎ倒していく。ちょっと怖そうな雰囲気もあるが、よく見ると目からは優しさが滲み出る。まさに硬派好きな女子には、カンペキな男性だ!

そんなリチャードが、現在公開中の『イントゥ・ザ・ストーム』では、短髪&髭ナシのスーツ姿で、教師として働く普通の父親を演じている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.