くらし情報『綾野剛、主演作引っさげモントリオールで会見! 男女の“性”描く『そこのみにて光輝く』』

2014年9月1日 12:15

綾野剛、主演作引っさげモントリオールで会見! 男女の“性”描く『そこのみにて光輝く』

そして今回は、原作が男と女の、ものすごく深い部分まで描いている小説だと思いました。ただ、原作が25年前の作品なので、それを現代に置き換えると、どのような男と女の性を描けばよいのかと考えました。先程60年代、70年代の話が出ましたが、今回はアメリカンニューシネマや日活ロマンポルノなどの、そのあたりの時代の、まさに『性』、男と女を描いていたり、そしてそこにストーリーをきちっと描いたり、あとはアメリカンニューシネマでいう男同士のバディものなども参考にさせて頂きました。昔に書かれているだけあって、人の熱量がものすごくあって、今の時代は日本も世界もクールになっている中で、どこまで熱く人を描けるか、男と女を描けるか、をすごく考えながら撮らせて貰いました。そういう意味では、シネマスコープというサイズだったり、そこにはみ出るぐらいの顔のクローズアップだったり、そういうものは私の中でこだわって撮りました」。

『そこのみにて光輝く』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
そこのみにて光輝く 2014年4月19日よりテアトル新宿ほか全国にて公開
(C) 2014 佐藤泰志 / 「そこのみにて光輝く」製作委員会

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.