くらし情報『元宝塚トップスターも絶賛!『グレース・オブ・モナコ』、絢爛スワロフスキー付ポスター完成』

2014年9月19日 14:30

元宝塚トップスターも絶賛!『グレース・オブ・モナコ』、絢爛スワロフスキー付ポスター完成

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


第67回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったニコール・キッドマン主演『グレース・オブ・モナコ公妃の切り札』に、グレース・ケリーゆかりのある森英恵や、蘭寿とむ、大地真央ら元・宝塚トップスターからのコメントが到着。また、全4劇場のみに掲出される、市場価値総額100万円相当といわれるスワロフスキー・エレメント付きポスターが解禁となった。

“世紀の結婚式”から6年経った1962年、グレース・ケリー(ニコール・キッドマン)は、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。そんなある日、ヒッチコック監督からハリウッド復帰の誘いを受けるグレース。だが、フランスのド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコ公国に強要、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出し、夫のレーニエ大公(ティム・ロス)は過去最大の危機に立たされる。

愛する家族を守るため、そして宮殿生活で見失っていた自分を取り戻すため覚悟を決めたグレースは、自分にしかできない秘策を考え出した。それは、完璧な公妃の“役作り”に励み、グレースが自ら書いた“脚本”をド・ゴール大統領を含む各国首脳を招いた“舞台”で披露することだった――。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.