くらし情報『人気歌手ケシャ、大物プロデューサーと“セクハラ訴訟”で対峙』

2014年10月16日 14:41

人気歌手ケシャ、大物プロデューサーと“セクハラ訴訟”で対峙

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


「Tik Tok」などのヒット曲で知られる歌手のケシャ(KESHA)が、自身のプロデューサーで約10年の付き合いでもあるDr.ルークを相手に訴訟を起こしたと報じられた。米「TMZ」によると、ケシャは「ガードを崩すために、ドラッグやアルコールを強制された」と主張しているようだ。

Dr.ルークの乱暴な態度は契約をした当初から続いるそうで、執拗に性的なアプローチを繰り返したのだという。彼女の被害は以下のような内容だ。

■「飛行機に乗り込む前にケシャに鼻から何かを吸わせた」
■「ケシャに無理矢理お酒を飲ませた後、“酔いを覚ます薬”と呼ばれるものを彼女に渡した」
■「次の日の午後にはDr.ルークのベッドに裸で横になっていて、何故こうなったのかも覚えていないまま、傷付いた最悪の気分で目が覚めた」

と、評判が地に落ちかねない行動の数々が報告されている。

また性的暴行のほかにもケシャはDr.ルークの心無い言葉やプレッシャーが摂食障害の原因になったのだと主張しており、彼との契約の解除を要求している。

対するDr.ルークも負けずと提訴し返している。Dr.ルーク側は、ケシャが彼をゆすろうとしていると考えているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.