くらし情報『竹内結子&橋本愛、小野不由美・原作「残穢」映画化で初競演』

2015年6月20日 08:00

竹内結子&橋本愛、小野不由美・原作「残穢」映画化で初競演

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の最高傑作といわれる小説「残穢(ざんえ)」(新潮社刊)が、『予告犯』、『白ゆき姫殺人事件』を手掛けた中村義洋監督により映画化されることが決定。この度、主演に竹内結子、共演に橋本愛というトップ女優が初共演することが明らかになった。

原作は、「十二国記」シリーズ、「屍鬼」など熱狂的なファンを持つベストセラー作家・小野不由美が、「一生で一度しか使えないアイデア」を用いた本格ホラーへと挑んだ渾身の長編小説。

女子大生の久保さんという読者から手紙が届く。「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という。好奇心に誘われて調査を開始する久保さんと私。すると、過去にこのマンションに住んでいた人たちが、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていたことが浮かびあがる。彼らはなぜ、別々の場所で、不幸な末路をたどったのか。女子大生の部屋で聞こえた音の正体は?事件は、「部屋」ではなくその「土地」そのものに原因があるのか?さらに調べを進めていくと、驚愕の真実が明らかになる。すべての事件をつなぐ“残された「穢れ」(けがれ)”、その正体とは――。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.