くらし情報『本郷奏多、映画監督を夢見るバーテンダー役に『シネマの天使』』

2015年7月31日 19:30

本郷奏多、映画監督を夢見るバーテンダー役に『シネマの天使』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


1892年に開館し、122年に及ぶ興行の後、昨年惜しまれつつ閉館した広島県福山市の「シネフク大黒座」。実在の映画館で、取り壊し直前に撮影された映画『シネマの天使』の予告編映像とポスター・ビジュアルが公開された。

老舗映画館の大黒座が閉館することになった。そこで働き始めたばかりの新入社員・明日香(藤原令子)は、ある夜、館内で謎の老人に出会うが、彼は奇妙な言葉を残し、忽然と消えてしまう。バーテンダーのアキラ(本郷奏多)は、いつか自分の映画を作りたいと夢見ている。大黒座の女性支配人(石田えり)は、閉館への反対を押し切って気丈に振る舞っていた。泣いても笑っても、もうすぐ、大黒座はなくなってしまう…。劇場の壁という壁が、町の人々が書いたメッセージで埋まっていく。そしてついに閉館の日。スクリーンに最後の映画が映しだされると、明日香の前に、あの謎の老人が再び現れ…。長い歳月の間、人々に愛されてきた映画館が、最後にくれたサプライズとは――。

当初は芝居小屋で、徐々に映画館へ移行した広島県の実在の映画館・シネフク大黒座。昔は上映後は必ず拍手が起こり、最盛期の1960年代は40万人を動員、深夜まで1日7回上映したこともあったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.